社会福祉法人 南幌福祉会

INFOMATIONお知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 祝✨最優秀賞&奨励賞!~令和3年度全国老人福祉施設研究会議(鹿児島会議)~

祝✨最優秀賞&奨励賞!~令和3年度全国老人福祉施設研究会議(鹿児島会議)~

2022.02.25

皆さんこんにちわ!

もうタイトルにある通りですッ!

令和3年度全国老人福祉施設研究会議で南幌福祉会初となる最優秀賞受賞!そして3大会連続の奨励賞を受賞W受賞を果たしました!

例年は全国各地で開催され、前回は愛媛県に行き発表をさせて頂きましたが、今回の鹿児島大会はコロナの影響でWEB開催に。

結果発表の連絡が来るまでソワソワしておりましたが、通知を受けて大興奮でした✨

研究発表者、タイトル、実践研究発表の審査結果をご紹介させて頂きます🍀

 

第3分科会② 最優秀賞

タイトル:good楽っく!~TQM委員会のすすめ~

発表者:業務係長 島 由樹

共同研究者:業務統括主任 高正 和明

【講評】

ご利用者の幸せを願い行動することにより、職員のやりがいとスキ ルアップを図り、職員の定着につなげる点が良かったと考えます。 スライド内容も理解しやすく、TQC(品質管理活動)の手法を取り入 れた、論理的でとても分かりやすい発表でした。取り組み内容が買 い物という、とても身近で現実的な点も評価できます。今回は利用 者の意向を踏まえて買い物ができる仕組み作りにより、利用者の 幸せにもつながったと思います。これからも、継続的な取り組みに 期待しています。

 

 

第1分科会③ 奨励賞

タイトル:「HAPPY GOALS」~生きるを支える12のゴール。それが南 幌福祉会の自立支援~

発表者:介護主任 苫米地 拓也

共同研究者:施設長 佐久間 竜太  機能訓練指導員 土橋 北斗

【講評】

SDG'Sという時流に乗った、オリジナリティに富んだ取り組みをさ れ、活動の見える化、データ化により目指すゴールが明確になり成 果がつながっていく取り組みが評価されました。 活動の中身としてそれぞれのケアが日常にどのように反映された のかを具体的に示して下さると更に良かったと思います。

 

これからも施設の取り組みを発信し続け、より良い施設を目指し突き進みます!!!

PAGETOP